ホワイトボードノートはヌーボードがおすすめ!現役SEはこう使う

おつかれさまです。Akioです。

今日はノート型ホワイトボードのnu board(ヌーボード)をおすすめしたいと思います。

仕事や私生活で愛用している、ノート型ホワイトボードをご紹介していきます。

こんな人におすすめ

  • どこでも持ち運びできるホワイトボードを探している
  • アイディアを図でまとめたい

nu board(ヌーボード)とは

ホワイトボードとひと目でわからないノート型ホワイトボード。

商品詳細
ホワイトボード面8ページ
半透明シート8ページ

ホワイトボード面を保護する形で、半透明シートが覆いかぶさります。

半透明シートがあることで、ボード面を保護することも可能です。

nu boardを使用してみて

①こんなところが便利

便利なポイント

  • 携帯性
  • 追記性

★携帯性

ノート型ホワイトボードの最大の利点ですよね。携帯性がすばらしいです。

1枚タイプの小さいホワイトボードは、コンパクトで使いやすいですが、使う場所が限られてきます。

ヌーボードは作業のお供として、オフィスやカフェで使えます。

使う場所を選ばない点が、便利ポイントその1です。

★追記性

半透明シートの上から文字を書き加えることができます。

※このメモは今回の記事内容です。

ホワイトボードに書いた文字を消すことなく、書き加えられるので便利です。

「そう言えばこれもあったな」とアイディアを追記できる点が、便利ポイントその2です。

②こんなところで使える

使えるポイント

  • (図で)アイディアまとめ
  • (図で)見せて説明
  • ノートの節約

★(図で)アイディアまとめ

アイディアを図に書き、頭の中を整理できます。

頭の中で考えているより、書き出して、見える可したほうが良いのです。

「問題をJavaScriptで作りたい」と思い画面遷移を書き出してみました。

「これはできるけど、これはできないな」と頭を整理できました。見える可が大事です。

★(図で)見せて説明

知らないことを説明されて、すぐ理解できる人は前提知識がある人です。

後輩からの質問があったときには、(図で)見せながら説明します。

説明時間は長くなりますが、理解度が違います。

後輩が、わからないと悩む時間を作業に使えるので、トータル的にみてプラスだと感じています。

★ノートの節約

ノートを辞書のように使い、ホワイトボードをアイディア帳として使用中です。

書く内容のレベルで使い分けをしています。

紙の節約になります。お金と環境に配慮した使い方ですかね?

まとめ

こんな感じで、nu-boardのノート型ホワイトボードをご紹介しました。

頭で考えているとアイディアは、まとまりません。

一度アイディアをホワイトボードに発散させましょう。発散後にまとめればいいのです。

発散用にいますぐnu-boardを使ってください。仕事で愛用している僕が自信を持っておすすめします。

それではおつかれさまでした。

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です