MacBook『クラムシェルモード』のレビュー!デスクトップ化が便利すぎた

おつかれさまです。Akioです。

今日はMacユーザに『クラムシェルモード』をおすすめしたいと思います。

簡単に、MacBookをデスクトップ化する方法をご紹介してきます。

こんな人におすすめ

  • クラムシェルモードを使ってみたい
  • 必要な機材が知りたい

クラムシェルモードとは

MacBookを閉じて、外付けのディスプレイやプロジェクトをつないで使う方法です。

閉じた状態で使用することから、貝殻(シェル)にちなんで、クラムシェルモードと呼ばれています。

そう言われても、いまいちピンときませんよね。つまりはこんな感じです。

大きな画面で操作できるため作業も捗ります。iMacのように使用でき、とっても便利だと感じます。

スッキリ感あるデスクまわりが作れちゃいます。

クラムシェルモードに必要な機材

クラムシェルモードに必要な機材

  • ①BoYata
    ノートPCホルダー
  • ②hp
    ディスプレイ
  • ③Apple
    magic keyboard
  • ④Apple
    magic mouse
僕はキーボードとマウスをAppleで揃えました。Apple信者ではありませんが、気づけばAppleだらけ…

必要な機材の中で、おすすめだと思うノートPCホルダーとディスプレイをご紹介していきます。

①ノートPCホルダー

MacBookを立てかけてたノートPCホルダーです。

立てかける部分には滑り止めのゴムバンドが施されています。ノートPCをしっかり保護してくれます。

調整可能なサイズは1.1cm〜3.3cmで、MacやWindows問わず幅広く使えます。

充電スタンドとしても使えるため、重宝しています!

②ディスプレイ

相方のRioutaも愛用する、コスパ最強のディスプレイです。

シンプルなところがお気に入りです。

まとめ

こんな感じで、クラムシェルモードの便利さと必要な機材をゆるくまとめました。

Macユーザは是非便利なクラムシェルモードを体感してみてください。

それではおつかれさまでした。

システムエンジニア愛用の便利グッズ7選公開![デスク周り]
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です