【ビジネスには無印靴下が最適!】足なり直角のビジネス靴下を紹介

おつかれさまです。Akioです。

無印良品の『足なり直角』の靴下をご存知でしょうか。

足のサイズに合わせて、かかと位置がジャストフィットします。

この記事は、無印良品の『足なり直角』の靴下をおすすめしたいと思います。

こんな人におすすめ

  • 足なり直角が気になっている
  • ビジネス靴下を探している

無印良品の足なり直角とは

『足なり直角』とは、かかと部分が直角(90度)になっている靴下です。

人の足は直角になっているため、一般的な120度の靴下より、直角の靴下の方が履きやすいのです。

靴下の形はもともと直角でしたが、工業化により120度になったらしいです。

サイズ展開は以下の2種類があります。

サイズ

  • ①24-28cm
  • ②26-30cm

使用する人に合わせてかかと部分がジャストフィットするため、サイズの幅が広い特徴があります。

足のサイズが24cmと28cmの人が、①の足なり直角を履いたら見た目は変わりそうですね。

一般的な靴下との違い

一般的な120度の靴下と足なり直角を比較してみます。

赤い靴下が『一般的な靴下』で、黒い靴下が『足なり直角』です。

①かかと部分

相違点

  • 一般的な靴下
    かかと部分が「く」の字
  • 足なり直角
    かかと部分が直角
「く」の字(120度)の靴下の方が馴染み深いですよね。

②履き口部分

相違点

  • 一般的な靴下
    履き口部分にゴムがある
  • 足なり直角
    履き口部分にゴムがない

足なり直角は、かかと部分がジャストフィットしているため、履き口にゴムがいらない特徴があります。

締め付けがなく履き心地が良いです。

コーディネート

足のサイズ28cmの僕が、24−28cmの足なり直角を試してみました。

履き心地は抜群で、厚すぎず、薄すぎずビジネス靴下に適していると感じました。

靴下の露出が多いローファーですが、問題なく履けます。

ただ、ビジネス靴下としては丈が若干短いかもしれません。

28cmの人は、もうワンサイズ上(26-30cm)を購入した方がいいかもしれません。

個人的には気にせず履けています。

まとめ

こんな感じで、無印良品の『足なり直角』の靴下をおすすめしました。

厚すぎず、薄すぎず、そして履きやすい足なり直角。

個人的にビジネス靴下に最適な選択だと感じています。

是非足なり直角を試してみてください。

実際に履いている僕が自信を持っておすすめします。

それではおつかれさまでした。

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です