5年間使っていた“キーケース”から“シューホーン”に替えた理由

おつかれさまです。Akioです。

先日5年間のキーケース生活を引退し、シューホーン(キーリング付)と歩むと決めました。

その理由はすごくラクだったから…。

この記事では、シューホーンの良いところをおすすめしたいと思います。

キーケースとシューホーンを徹底比較します。
こんな人におすすめ

  • キーケースを購入したい
  • シューホーンが欲しい
  • 両方を比較したい

双方のメリット

双方のメリットを考えてみました。

キーケース メリット

  • カード収納できる
    定期ケースとして活用できる
  • ファスナーやボタンで閉じる
    カギが飛び出ず安全
シューホーン(キーリング付) メリット

  • 靴の形崩れを予防
  • 2つの動作を1つで完結
    靴を履き、扉を閉める

キーケースの安心感は唯一無二ですよね。

複数のカギを一つにするとほっとします。

シューホーンは形崩れを防止し、

靴を履く動作をよりスマートに見せる事ができます。

シューホーンはすごくラクだった

シューホーンにした理由は、すごくラクだったからである。

何がラクだったのか…。

具体例

  • シューホーンを持ったまま、靴を履き、ドアを閉める事ができる
    2つの動作を1つの物で完結
  • ファスナーを開けて、どのカギか迷う事がない
    キーケースのデメリットを克服

朝の時間を20秒ほど短縮できました。

友人がシューホーンを使うと「気持ちよく出勤できる」と言っていたが、正しかった。

まとめ

こんな感じで、シューホーンの良いところをご紹介しました。

当初は、革靴の形崩れ防止目的で購入したが—。

カギをまとめる物として使う気はなかったです。

培ってきたスタイルはすぐには変えられませんが、

思い切って変えてみる大切さを実感しました。

あなたもシューホーン生活はじめませんか。

それではおつかれさまでした。

ちなみにこのシューホーンを愛用しています。

シューホーンで迷ったらコレ!sotのキーホルダー型靴べらをレビュー
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です