ドクターマーチンも直せる!シューグーを使った「かかと修復方法」公開

おつかれさまです。Akioです。

今日はシューグーを使った、ドクターマーチンのかかとを修復方法をご紹介します。

ドクターマーチンのかかと修理を請け負う専門店は非常に少ないです。そのため、かかとがすり減ったら新品を購入する方も多いです。

僕もその一人だったのですが、履き続けたいという思いから「かかとを修復」してみました。

こんな人におすすめ

  • ドクターマーチンのかかとの減りが気になる
  • シューグーの使い方が知りたい

準備した物

このドクターマーチンのかかとを修復するために以下の物を用意しました。

内容
・シューグー(黒)
・100均のまな板
・ガムテープ

ドクターマーチンのかかとの色と合わせるため、シューグーは黒色にしました。

まな板とガムテープは、シューグーをつけた時にはみ出ないよう「型」として使います。

ドクターマーチンのかかと修復

準備した物を利用し、以下の手順でかかとを修復しました。

手順
かかとにあらめ付け、シューグーを定着しやすくします。
まな板とガムテープで作った型を、かかとに貼り付けます。
シューグーをかかとに付けていきます。
専用のヘラでシューグーを伸ばします。
何度かシューグーを塗り、乾かします。

この手順を両足で行いました。シューグーの量が多いため、乾燥までに2日ほどかかります。

気になって触ってしまうと形が崩れてしまうため、じっと我慢です。

結果

シューグーで修復した結果、Beforeと比べAfterではかかとの減りが軽減できました。ドクターマーチンの見た目が大きく変わっています。

かかった費用をまとめるとこんな感じです。

かかった費用

  • シューグー
    1,190円
  • まな板
    110円
  • ガムテープ
    350円

合計1,650円かかりました。近所のドクターマーチンの修理を扱っている専門店では、5,980円でした。

約4,000円ほど変わってくるため、チャレンジしてみる価値はあります。

修復前と比べ履きやすくなったので、チャレンジしてよかった!

まとめ

こんな感じで、ドクターマーチンのかかと修復方法を紹介しました。

乾燥に2日ほどかかりましたが、履き心地と見栄えがよくなりチャレンジして正解でした。

時間に余裕がある人は是非チャレンジしてみてください。

それではおつかれさまでした。

革靴ソールの補修はシューグーがオススメです![応急処置編]
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です