訳ありのシューツリーは使える?正規品と比較してみた。

おつかれさまです。Akioです。

今日はサルトレミカエの訳ありシューツリーと正規品を比較してみました。

訳ありシューツリーは正規品と比べ、「質が低い」、「使いづらい」のか検証していきます!

こんな人におすすめ

  • サルトレカミエが気になる
  • 訳あり品は使えるのか知りたい

訳ありシューツリー

左が正規品のサルトレミカエ。右が訳ありのサルトレミカエです。どちらもSR100EXタイプです。

正規品にはある「サルトレミカエ」のプレートがついていないことが特徴的です。

以下の理由で訳あり商品になっています。

理由

  • ひびや節(ふし)、木目が見える

使用に支障はないが、デザイン的な問題で検品時に弾かれています。

比較

①品質

正規品と訳あり品を比較すると、訳あり品には以下の特徴があると感じます。

品質の違い

  • 少し大きい
  • バネ部分の動きが鈍い
  • ニス仕上げの荒さ

正規品(左)と訳あり品(右)は同じ大きさですが、訳あり品の方が少し大きいです。

また、バネ部分の動きが鈍く、靴にセットする時に若干苦労します。

ニス仕上げありと明記されていましたが、色合いが少し異なり気になります。

②使用例

同じ大きさのシューツリーですが、訳あり品(右)は正規品(左)と比べ若干大きい印象があります。

甲部分は訳あり品(左)もしっかり当たっているため、シューキーパーとして問題なく使えます。

価格

正規品と訳あり品の価格をまとめてみました。

価格シリーズ
正規品¥9,900SR100EX
訳あり品¥5,500SR100EX

訳あり品は正規品のほぼ半額で購入できます。

サルトレカミエを使用したことがあって、サイズ感が分かる人におすすめです。

まとめ

こんな感じでサルトレカミエの訳あり品と正規品を比較してみました。

正規品に比べて質は低いと感じますが、正規品と比べ値段も安く、使い心地も悪くないです。

2,000円で購入したAmazonのシューツリーより、使い勝手はいいですよ。

正規品には敵いませんが、別の商品だと捉えれば満足できると思います。

それではおつかれさまでした。

サルトレカミエ B級品
「サルトレカミエ」で靴を長く綺麗に履く!シューツリー紹介
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です