靴磨き初心者でも問題なし!サフィールで鏡面磨き始めました

おつかれさまです。Akioです。

『鏡面磨き』という靴磨きの工程をご存知でしょうか。

『鏡面』という文字通り、革靴を鏡のように光らせることを言います。

この記事では、鏡面磨きに必要なワックス『サフィール』を紹介していきたいと思います。

こんな人におすすめ

  • サフィールの仕上がりとは
  • 鏡面磨き方法が気になる

鏡面磨きの目的

「鏡面磨きをする目的って何だろう?」

本来の目的は、鏡面磨きにより革靴を保護することです。

ここだけの話、「革靴をピカピカにしたい『持ち主』のエゴ?」なのと思っていました。

ピカピカにしても気付いてくれる人いない…し。

3つの効果

「革靴を保護すると、どんな効果があるのか?」

以下3つの効果があります。

鏡面磨きの効果

  • 傷を目立たなくする
  • 撥水効果を高める
  • 埃・塵の付着を防ぐ
エゴではなかった。キチンとした目的・効果があった!

サフィールで鏡面磨き

ここからはサフィールを使った鏡面磨きをご紹介します。

鏡面磨きの知識こそあれど、初の実践となります。

鏡面磨きの目的を語っておいて、スミマセン。

①サフィール(青缶)

鏡面磨きエントリーモデル(通称 青缶)です。

色は9種類ありますが本日は黒を使用します。ワックスは少し硬めです。

青缶の特徴は、プロユースモデル(通称 黒缶)と比較して『ツヤの質』が軽やからしいです。

青缶と黒缶の比較は、他の記事でご紹介します。
created by Rinker
SAPHIR(サフィール)

②鏡面磨き実践

事前に、通常の靴磨き工程を終えた革靴を用意します。

通常の靴磨き工程は以下をチェックしてください。
システムエンジニアが行っている、革靴の『磨き方』を公開

ワックスを薄く塗る

つま先部分に円を描くように薄く塗っていきます。

水を付け磨く

クロスを水で濡らし、ワックスをつけた箇所を磨いていきます。

このワックスを薄く塗り、水で磨く工程を5回ほど繰り返します。

③鏡面磨き完成

右が鏡面磨き後、左が鏡面磨き前です。

鏡面磨き後の方が、周りの景色が反射しているように見えます。

両足を鏡面磨きし、靴紐を通せば完成です。

青缶を使用することで、ツヤがほんのり出たと感じています。

もともとマッドな革靴のため、ツヤが出たことに驚きを隠せません。

まとめ

こんな感じで、鏡面磨きに必要なワックス『サフィール』を紹介しました。

初めての鏡面磨きでしたが、ほのかにツヤを出すことができました。

僕のような初心者でもツヤを出すことができます。

気になった方は是非使ってみてください。

実際に使ってみた僕が自信を持っておすすめします。

それではおつかれさまでした。

システムエンジニアが考える、革靴を磨く『メリット』を3つ公開
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です