システムエンジニアが考える、革靴を磨く『メリット』を3つ公開

おつかれさまです。Akioです。

今日は、革靴を磨くメリットを3つご紹介したいと思います。

システムエンジニアの僕が考える、革靴を磨くことのメリットをまとめました。
こんな人におすすめ

  • 革靴を磨く時間がない
  • 革靴磨きに興味がある

革靴を磨くメリット3選

①アイディアが降ってくる

風呂やトイレで、『クリエイティブ』なアイディアを思い付いた経験はないでしょうか。

身の回りのノイズから解放され、アイディアが降ってくるあの瞬間です。

それと同様の事が革靴を磨いている時に起こります。

目の前の革靴と向き合う事で、革靴を磨いていると同時に自分という存在に向き合える気がします。

『革靴を磨く』×『クリエイティブになれる』で一石二鳥の時間を過ごす事ができます。

②仕事へ向かう1歩が変わる

革靴が綺麗になると自然とポジティブな感情になれます。

月曜日の憂鬱な朝も、磨いた革靴であれば乗り切れるという気持ちにさせてくれます。

また、磨いた革靴であれば、人に与える印象も変わってくると感じています。

以下は『メラビアンの法則』と言われる心理学の法則のデータです。

情報の影響度
言語情報7%
聴覚情報38%
視覚情報55%

人は人とやり取りする時、視覚情報に55%も左右されます。

『ポジティブになれる』×『見た目が良くなる』という一石二鳥の効果があります。

③革靴への愛着が蘇る

自分で革靴を磨くことで、愛着を失いかけていた革靴でさえ愛着が蘇ります。

その革靴に手を欠けた時間だけ、愛せると良く言われています。

最近のことですが、半年ほど眠っていたドクターマーチンを磨きました。

その結果、『ブログ内で記事を書きたいと』思うほど愛着が蘇りました。

『愛着が蘇る』×『長く使える』という一石二鳥のgoodPointがあります。

着用歴4年。ドクターマーチン3ホールのレビュー!革の経年変化を公開

まとめ

こんな感じで、革靴を磨くことのメリットを3つご紹介しました。

上記でまとめたようにメリットがありますが、勿論デメリットも存在します。

デメリット

  • 習慣化が面倒
  • ケア用品の費用がかかる
  • 革靴を磨く時間が発生
しかし、騙されたと思って一度革靴を磨いてほしいです。

とくに、『革靴を磨く時間がない』と思っているあなた!今あなたに足りないのは、『自分を見つめ直す時間』かもしれません。

それではおつかれさまでした。

システムエンジニアが行っている、革靴の『磨き方』を公開
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です