スコッチグレインが今すぐ欲しくなる。魅了を3つ紹介!

おつかれさまです。Akioです。

今日はスコッチグレインの魅力3選を紹介したいと思います。

先日システムエンジニアの僕がスコッチグレインデビューしました。

これまで『リーガル』、『ジャランスリウァヤ』、『HARUTA』を履いてきました。

銀座店を利用したのですが、そのサービスと商品の質の高さに1度で虜になってしまいました。

そんな僕がスコッチグレインの魅力を3つ紹介していきます。

こんな人におすすめ

  • スコッチグレインが気になる
  • 長く使える革靴を探している

スコッチグレインの魅力3選

①革靴のコンサルト

スコッチグレインで革靴を購入する際は、足の寸法から始まります。

『足長』だけでなく『足幅』も計測します。

その人にあった足形の革靴を提案してくれます。

他の革靴ブランドでは、足の寸法を測らなかったため驚きました。

僕の足形は『シングルE』だったため、 『オデッサⅡ』を提案していただきました。

かかと部分があたり痛かったのですが、店員さんがかかと部分にクッションを入れてくれました。

かかと部分が少し『もっこり』していると思います。

その甲斐あり、履き下ろしからベストフィットな状態で履くことができました。

よってスコッチグレインは、お客様に最適な革靴を提案する『革靴のコンサルタント』だと感じています。

スコッチグレインの「オデッサⅡ」がおすすめすぎる!魅力を語ってみた。

②長期間使える

スコッチグレインの革靴は『グッドイヤーウェルト製法』で作られています。

グッドイヤーウェルの利点としては以下2つの点があります。

利点

  • 履いているうちに、インソールが沈み込み履きやすくなる
  • ソールの交換ができる

『スコッチグレイン』のオールソール交換は最大13,000円(税抜き)、ヒール交換は最大4,000円(税抜き)です。

『リーガル』と比較すると以下のような違いがあります。

スコッチグレインリーガル
オールソール交換11,550円+税〜¥13,000+税¥17,710+税~¥27,995+税
ヒール交換¥4,000+税〜¥4,300+税¥3,630+税~¥5,445+税

素材等に若干の違いがありますが、スコッチグレインの方がリーガルに比べ安く修理することができます。

グッドイヤーウェルト製法で長く使え、修理代も他の革靴ブランドに安いのが魅力的です。

③革靴のヨドバシカメラ

スコッチグレインにはポイントカードがあります。

ポイント還元率は、家電量販店のヨドバシカメラと同じ10%です。

ポイント還元率高さから、また利用したいと思わせるGOODな戦略です。

ポイント還元率だけでなく、スコッチグレインがヨドバシカメラと類似している点がもう一つあります。

それは商品の種類が豊富な点です。革靴のサイズ展開が非常に豊富です。

サイズ展開

  • 23.5cm〜27.0cm(0.5cm刻み)
  • E・EE・EEE・EEEEの4タイプのウィズ(足幅)

『足長』×『足幅』で8×4で32種類のサイズから自分にぴったりのサイズが選べます。

ポイント還元率と最適な革靴を選べる点から『革靴界のヨドバシカメラ』だと感じます。

まとめ

こんな感じでスコッチグレインの魅力3選をご紹介しました。

スコッチグレインは商品の質の高さだけでなく、サービスの質の高さを感じます。

また、修理によって長く愛用できます。

5年以上愛用している人もいるくらいです。

長く愛用できるため、コスパ最強だと感じています。

あなたも、そんなコスパ最強のスコッチグレインをぜひ購入してください。先日購入した僕が自信を持っておすすめします。

それではおつかれさまでした。

スコッチグレインの「オデッサⅡ」がおすすめすぎる!魅力を語ってみた。
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です