はま寿司の家系ラーメンはまずいのか?家系歴20年のハマっ子が人気店と比較してみた!

おつかれさまです!Rioutaです。

今日は、はま寿司の家系ラーメンの正直レビューになります。

回転寿司でラーメン?となると思いますが、最近の回転寿司チェーンはサイドメニューにも力を入れていて、ユニークな商品が数多く発売されています。

そして、今回ご紹介するのが、横浜が誇るソウルフードの家系ラーメンです。

Riouta
三代ハマっ子の自分としても、実際に食べてきた人気の家系ラーメンとも比較していこうと思います。

はま寿司の家系ラーメン

はま寿司は、過去に尾道ラーメンや博多ラーメンを発売してきました。

そして、このたび新発売されたのが、都内や地方にも浸透しつつある、神奈川県横浜市発祥の家系ラーメンです。

Riouta
個人的には、保育園の頃から食べ続けてるので、横浜のソウルフードといえば、シウマイではなく家系ラーメンです。

あと、たまに「かけい」と読む方がいますが、「いえけい」です。

ちなみに、英語で「E.A.K.ramen」だそうです。

それでは、家系総選挙1位のラーメン店から定番のラーメン店まで、本場の家系ラーメンと比較していこうと思います。

正直レビュー

お寿司屋でラーメンが食べたくなる、という人生初の経験でした。

しっかり家系らしく赤い看板を使用してるのも、家系らしさを追求してていいなと思いました。

お値段ですが、380円(税抜)という一般の家系ラーメンの半額ほどになるので良心的です。

同時に頼めるのは3杯までなので、仲良し4人組などで行くときは注意しましょう。

ラーメン家にいるのかと錯覚してしまうほどの完成度!!!

それでは、さっそく食べていきます。

ん?美味い・・・

薄すぎないチャーシューも、逆にいいかもと思えてしまいました。

酒井製麺ほど太麺ではないですが、この値段でこのクオリティーには正直驚いてしまいました。

Riouta
2秒で食べ終わってしまった…

正直なところ、麺の味がうどんっぽくて気になってはいました。

ただ、中途半端に家系に寄せるよりは、独自の路線を進んでいて、これはこれでいいなと満足できちゃう味でした。

家系には、三種の神器って呼ばれる「のり・チャーシュー・ほうれん草」が欠かせません。

ただ、個人的には「水」も欠かせなかったりします。

家系ラーメンの後に飲む水は、いつも飲む水より2億倍は美味いです。

四種の神器と正式に認めてもらいたいところです。

比較

以下の通り、個人的な好みでピックアップしてみました。

ピックアップ

  • 家系総本山『吉村家』
  • 家系総選挙1位『寿々㐂家』
  • マイベストイエケイ『せんだい』
家系ラーメン

吉村家

寿々㐂家

せんだい

スープ

スープの色になりますが、吉村家からせんだいまで【赤>茶>黄】という順で色が変わってると思います。

実は、味もその色の通りになっていて、【しょっぱい>さっぱり>マイルド】になっています。

はま寿司の家系ラーメンに関しては、そこまでしょっぱさはなく、さっぱりとマイルドの中間にいるかと思います。

家系ラーメンの主流は、こだわりのある中太モチモチの酒井製麺です。

はま寿司の場合は、値段も半分という条件で、そこまでのクオリティーは出せないものの、違った路線(うどん)で健闘していたかなと思います。

家系ラーメンだと思って食べなければ、十分満足できるうどんラーメンでした!笑

まとめ

最近、回転寿司チェーンのサイドメニューへの熱量はすごいです。

知恵を振り絞って、低コストでユニークな商品をいくつも生み出していると、すごくワクワクします。

そういえば、個人的にスシローで一番好きなネタも『とろっとプリン』でした。

Riouta
ネタなのかな?笑

ぜひ、みなさんもはま寿司で家系ラーメン、または本場の家系ラーメンを食べてみてください!

それではおつかれさまでした。

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です