【スペインお土産】パテって美味しい?実食レポートを紹介

おつかれさまです。Akioです。

本日はスペインのお土産「パテ」を紹介します。

実際に食べてみて正直な感想をシェアします。

ワインのおつまみを探している方必見です。

スペイン土産のパテとは

パテとは肉や魚などの具材を細かく刻み込みペーストした後、ムース状に練り上げたフランス料理です。

テリーヌを使用したパテは単にテリーヌと呼ばれることもあります。
スペインの家庭

スペインではパテを常備している家庭がほとんどらしいです。

Casa Tarradellasのパテ

スペイン大手メーカー「Casa Tarradellas」のパテです。グルテンフリーでイベリコ味です。

価格は1€とお手頃価格な商品です。お土産にもぴったりだと思います。

どこか懐かしさを感じる可愛らしいパッケージですよね。
グルテンとは

グルテンとは小麦粉に含まれるグルテニンとグリアジンという二つのタンパク質が混ざり合ってできたもの。

①実食レポート

バケットやクラッカーにつけて食べることが一般的です。本日はクラッカーにつけて食べていきます。

たらこのような薄ピンク色となっています。一口目は肉か魚かよくわからない味でした。どこかで食べたことある味だ。

この味は…。レバーだ!

口当たりはレバーに近く、後味にしょっぱさがあります。

ワインに合いそうな味です。クラッカーのサクサク感と相性抜群です。

クラッカーに満遍なくパテをつけます。イベリコの味が広がります。お酒が進むこと間違いなしです。

まとめ

本日はスペインのお土産「パテ」の紹介でした。

スペインのお土産として外せない商品だと思います。

初めてイベリコ味のパテを食べ、レバーっぽい味だということがわかりました。

KALDIに類似商品があるので気になった方はチャレンジしてみてください。

お酒のつまみとしても合いますし、クラッカーのお供としてもおすすめです。

それではおつかれさまでした。

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です