ミニマリストになりたい会社員男子のブログ日記【1日目】

おつかれさまです。Rioutaです。

今日は、ミニマリストになりたい会社員のブログ1日目を公開していきたいと思います。

一般的な一人暮らしインテリアと言われる7畳よりは小さく、僕の部屋は6畳になっています。

1日目はミニマリストの基本「断捨離」を始める前に、部屋のテーマから決めることにしました。

モノの数を減らすミニマリストと会社員の両立は難しいですが、頑張っていきます!
こんな人におすすめ

  • 部屋を整理整頓したい
  • ミニマリストを目指している
  • シンプリストを目指している

ミニマリスト実践【1日目】

最初にテーマを決める理由

  • ・統一感があると独自の世界観が生まれる
  • ・完成をイメージしながら片づけができる

ミニマリストへの道のりも短くはないかと思います。

なので、モチベーション維持のためにも、テーマ選定は断捨離の前に済ませておくといいと思いました。

①ビフォー

テーマが決まる前は、統一感のない部屋になっていました。

掛け布団とカーテンは青系統で揃っていましたが、その他はバラバラです。

まずは、面積の大きい布団とカーテンの色をテーマに合わせていきます。

②アフター

テーマは「モノトーン」に決めて、黒をベースに布団一式とカーテンを統一しました。

結果、ファーストインプレッションに驚くほど違いが出ました。

同じ部屋ですが、同じ部屋に見えなくなるほど、統一感の効果はすごいです。

モノトーンにした理由は、私物に黒が多かったこと、個人的に好きな色も黒だったためです。

まとめ

統一感のメリット

  • ・自分だけの世界観を作れる
  • ・おしゃれ空間になる
  • ・片づけが捗る

部屋のテーマを統一するだけで、生活は180度変わります。

次回は、クローゼットの中を断捨離していきます!

それではおつかれさまでした。

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です