着用歴4年。ドクターマーチン3ホールのレビュー!革の経年変化を公開

おつかれさまです。Akioです。

今日は着用歴4年の僕が、ドクターマーチン3ホールをおすすめしたいと思います。

自分のプレゼントとして、4年前のクリスマスに買ったことを覚えています。苦い思い出ですね。

革のエイジング(経年変化)や履き心地について紹介していきます。

こんな人におすすめ

  • ドクターマーチンの経年変化に興味がある
  • ドクターマーチンの3ホールがほしい

4年間での変化

ドクターマーチンのデザインは4年前から大きな変化はなく、現在でも普通に履くことができます。

大学生は4年間で学部卒業ですが、その間にいろんな変化がありますよね。

まず4年間も履けるというだけで、すごいことだと感じます。

それでは『飽きたり』、『壊れたり』しない限りずっと履ける、ドクターマーチンの経年変化をご紹介していきます。

①正面

つま先部分に多少の傷が付いています。

傷がまた『いい味』を出していると感じます。

シューキーパーを入れてケアしていたため、履きジワもそこまで目立ちません。

「サルトレカミエ」で靴を長く綺麗に履く!シューツリー紹介

②横

経年変化により革が柔らかくなり、より履きやすくなっています。

良い変化ばかりでなく、ドクターマーチン特有の『黄色いウェルトステッチ』が徐々にほつれ始めています。

③ソール

ソールも徐々に削れ始めていますが、4年間履いてこれだけ残っています。

ソールエッジ(溝)で数えると4本まで削れました。1年に1本ペースでしょうか。

ドクターマーチンのソール修理を行う専門店があるらしいです。近々行ってみようかな。
ドクターマーチンも直せる!シューグーを使った「かかと修復方法」公開

履き心地

4年間も履いているだけあり、スニーカーに近い感覚で履いています。

革が足に馴染んでいるため、すごく履きやすいです。(2回目)

まとめ

こんな感じで、ドクターマーチン3ホールの経年変化のレビューをしました。

耐久性が自慢の靴として販売されていただけあり、5年目、6年目と履いていけそうです。

4年間も履くとドクターマーチンの元は取っているため、限界になるまで履こうと思っています。

あなたも長く使えるドクターマーチンをぜひ購入してください。

4年間履いている僕が自信を持っておすすめします。

それではおつかれさまでした。

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です