1.3mm芯の太すぎる鉛筆シャーペンを会社員が仕事で使う理由

おつかれさまです。筋トレミニマリストりょうたです。

今日はメモやアイデアの整理におすすめしたい新感覚シャープペンシルをおすすめしたいと思います。

一般的なシャーペンとは、少し変わったデザイン設計になっています。

コクヨ本社にお邪魔したときに、自分が長年探し続けたのはこれだ!と感激してしまい、さっそく翌日に購入しちゃいました。
こんな人におすすめ

  • 絵を描く
  • 鉛筆が好き
  • ノートなどをまとめるのが好き
  • ビジネスシーンで使えるシャーペンを探している

enpitsu sharp

鉛筆のようななめらかな書き心地太芯のシャープペンシルなので、鉛筆のようになめらかに書け、資料の下書きやアイデアの整理などにも適しています。

enpitsu sharp

鉛筆のようになめらかに書ける太芯が最大の特徴です。

個人的に使ってみて好きなところは、以下のとおりです。

好きなところ

  • 線の太さや濃さを調整できる
  • 折れにくい1.3mm芯
  • 握りやすい六角軸

それでは、簡単に画像つきでご紹介していきます。

線の太さや濃さを調整できる

左が従来の5mm芯ですか、太さに大きな違いがあるのがわかるかと思います。

また、鉛筆のようななめらかさもしっかりと文字に出ています。

角度を変えて書けば、太さや濃さも変えられます。

折れにくい1.3mm芯

鉛筆とシャーペンの中間くらいの太さになります。

芯が太いので折れにくく、常に良い具合で先端が角ばります。

先端の尖り具合を確認せずに、書き始められるのがポイントです。

握りやすい六角軸

鉛筆と同じ六角軸タイプになっています。

安定して握れる三角軸タイプもラインナップされているので、お好みで選びましょう。

まとめ

今回ご紹介したのは、鉛筆シャープのなかでも、『TypeS』と呼ばれる右上のシリーズになります。

よりビジネスシーンを意識するなら『TypeM』、カラーバリエーション重視なら通常の鉛筆シャープもおすすめです。

『TypeS』に関しては、人気シリーズなのもあってか、お店を3軒まわった結果、ようやく買うことができました。

今考えればネットで買えばよかったなと思いましたが。笑

ぜひ、この機会にメモやアイデア整理の質に磨きをかけてみてはいかがでしょうか。

それではおつかれさまでした。

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です