BMIよりFFMI!細マッチョが勘違いだった結果を赤裸々に公開する

おつかれさまです。Rioutaです。

今日は、マッチョ診断ができるFFMIというものをご紹介したいと思います。

BMIの細マッチョ診断だと、肥満体質と筋肉体質の人が同じ値になる場合があります。

ですが、FFMIは計算式に体脂肪率も加わるので、筋肉量を考慮した数値が出ます。

細マッチョが勘違いだった自己診断結果も泣く泣く公開します。
こんな人におすすめ

  • 筋トレをしている
  • ダイエットをしている
  • 細マッチョを目指している

FFMI(マッチョ指数)

FFMIとは、Fat Free Mass Indexの略で、除脂肪量指数という意味です。

簡単に言うと、筋肉の発達レベルを数値化したもの、つまりマッチョ診断の指標になり得る数値になります。

BMIより、さらに正確なマッチョ診断ができます。

自称細マッチョが診断してみた結果

以前、細マッチョ診断をしてみたところ、嬉しいことに細マッチョの基準を満たしていました。

ある程度の筋肉もついてきて、体脂肪率も10%以下なので、FFMIもそれなりの数値にはなるだろうと思っていました。

FFMI自動計算ツール

FFMI自動計算ツール

  • =体重[kg]×(1-体脂肪率)÷(身長[m])÷(身長[m])
    =除脂肪体重[kg]×(身長[m])×(身長[m])
  • 自動計算


  • FFMI=
    除脂肪体重=

自己診断の結果は、FFMI=18.18でした。

この数値と、NCBI(国立生物工学情報センター)の予測値と比較してみます。

年代別アジア人男性の予測値

FFMI(アジア人男性)の予測値

20歳:19.31 ± 0.24
25歳:19.31 ± 0.21
30歳:19.29 ± 0.19
35歳:19.24 ± 0.19
40歳:19.16 ± 0.20
45歳:19.05 ± 0.21
50歳:18.91 ± 0.21
55歳:18.74 ± 0.21
60歳:18.54 ± 0.21
65歳:18.32 ± 0.21
70歳:18.06 ± 0.22

NCBI(国立生物工学情報センター)

自己診断の結果は『25歳:19.31 ± 0.21』を1ポイント下回る数値になりました。

BMIを参考にすると細マッチョの基準をクリアすることができましたが、FFMIでは予測値を下回る筋肉発達レベルということになりました。

まとめ

FFMIの数値では、細マッチョとは言えないレベルでした。

ただ、個人的には見た目で細マッチョであれば、別に数値的な基準は満たさなくてもいいかなと思っていました。

ですが、いざ自分の現状を知ってしまうとそうはいきません。

細マッチョとして発信していく以上、どの数値でも基準は満たしていきたいので、今後も引き続き精進して参ります。

テキストだけの筋トレまとめではなく、等身大の更新を心がけていきますので、これからも応援よろしくお願いします!

それではおつかれさまでした。

【ビフォーアフター公開】糖質制限は危険?筋トレにはデメリットだった話
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です