【GUCCI】ファー付きのレザースリッパがおすすめすぎる

おつかれさまです。筋トレミニマリストりょうたです。

今日はレザースリッパをおすすめしたいと思います。

昨年くらいから、街中で履いてる人やファストファッション店で偽物らしきものを見かけるようになった、Princetown(プリンスタウン)というスリッパです。

個人的には、ファッションの常識を覆された靴のひとつです。
こんな人におすすめ

  • 洗練された足元にしたい
  • 今のファッションスタイルを変えたい

Princetown(Gucci)

グッチを象徴するホースビットをあしらった、リアルファー付きのレザースリッパになります。

ただ、ファーフリー宣言後の18SSコレクション以降のモデルでは、リアルファーの使用を廃止しています。

イタリアのラグジュアリーブランド「グッチ(GUCCI)」が先月、2018年春夏コレクションからミンクやコヨーテ、アライグマ、フォックス、ラビットなどを含むアニマルファーを使用しないというファーフリーを宣言した。

FASHION PRESS

レザーにこだわりのある方は、実店舗以外で買うときはいつのシーズンか確認をした方がいいかもしれないです!

コーデ

基本的には、靴下を履かないのが一般的な使い方です。

裸足で履くだけでセレブリティーが一気に増します。

ですが、もちろん靴下を履いても全然問題ありません。

ただ、中身がファーでできているので、靴下を履くと足が若干蒸れやすい気がします。

なので、逆に冬場に裸足で履いてもちょうど良かったりします。

唯一の注意点としては、靴下に抜け落ちたファーがめちゃくちゃ付くので注意が必要です・・・

まとめ

少し前までは、グッチはオラオラ系御用達ブランドの印象が強かったと思います。

ただ、デザイナーがミケーレに変わってからは、グッチ独特の世界観を表現し続け、ファッション業界に限らず音楽業界なども席巻しています。

例えば、Lil Pumpの「Gucci Gang」が一世を風靡しましたが、グッチをテーマにした歌が多数リリースされています。

まだ、世界的にグッチムーブメントは続いているので、みなさんもミケーレが作り出すグッチの世界観を体感してみてください。

それではおつかれさまでした。

【素足にローファー】かかと踏むスリッパファッションも悪くない
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です