静寂に包まれる空間。テレワークで有線イヤホン使ってます。

おつかれさまです。あきおです。

時代は有線イヤホンから無線イヤホンへ。街ゆく多くの人々は無線で音楽を楽しんでいます。

僕も同様で、無線イヤホンで音楽を楽しんでいる一人。

ただ、帰宅後必ず使っているのは有線イヤホン。Boseのイヤホンが素晴らしく、ここ3年ほど使っています。

今回はそんなBoseの有線イヤホンをご紹介していきたいと思います。

Bose QuietComfort20

今回紹介するのは「Bose」のQuietComfort20です。iPhone7/7 Plus以降イヤホンジャックが廃止され、iPhoneでは使用していませんが、MacBookで編集作業や音楽を聴く際に使用しています。

MacBook Pro 16インチにもイヤホンジャックは付いており、差し込んで使用することが可能です。USB-AやHDMIを廃止したMacBookですが、イヤホンジャックは変わらず残っています。

無線イヤホンで編集をすると映像と音声がズレてしまう時があり、有線イヤホンではその様なことがないため、安定感があります。

静寂に包まれる空間

一見普通のイヤホンですが差し込み口付近に長方形の物体があります。これでノイズキャンセル機能をON/OFFすることができます。

ノイズキャンセルのスイッチをONにすると緑のランプが点灯します。バッテリーが少なくなると右の緑ランプが点滅します。

充電規格はmicro USBが採用されています。2時間で最大まで充電することができ、最大16時間使えます。

基本的な機能である、再生・停止・音量調節もイヤホンから可能です。

青いボタンを押すことで一時的にノイズキャンセルをOFFにできます。レジの会計などで便利です。

QuietComfort20の使用例

動画編集やYouTubeを見る時に使用しています。映像と音声がズレないため重宝しています。

最近では在宅ワーク時に使っていて、周りの音に邪魔されることなく会議に集中できます。

まとめ

時代の流れに逆らっている感じですが、Bose QuietComfort20はとっても優秀でこれからも使っていきます。

外出中に使用していた時もあるのですが、ノイズキャンセル部分が邪魔になり使いずらかったです。

動かない作業であったり、それこそWeb会議などには大変重宝すると感じます。

Bose QuietComfort20は静寂に包まれた空間を作り出せるイヤホンです。

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です