【厚底シューズ】コスパ重視!おすすめしたいダッドスニーカー『adidasFALCON』

おつかれさまです。筋トレミニマリストりょうたです。

今日は、ダッドシューズと呼ばれる厚底スニーカーをおすすめしたいと思います。

今までは、DAD(おじさん)が履いてそうなダサい靴という印象が強かったダッドシューズ。

ですが、近年ではそのダサさを飼い慣らすのが主流にもなっています。
こんな人におすすめ

  • 厚底シューズを探している
  • ダッドスニーカーを探している

adidasFALCON

①メッシュ&スエード

好きなところ

  • メッシュ
    アッパー部分が曲がりやすいので歩きやすく、汚れも目立たちません。
  • スエード
    汚れがついても、良い味を出してくれます。

複数の素材で構成されていて、いかにもハイテクスニーカーといったシルエットです。

②EVAミッドソール

好きなところ

  • EVAミッドソール
    軽量でクッション性に優れ、劣化も起こしづらく耐久性にも優れています。

長時間歩いても疲れない、そして濡れても劣化しないのが特徴です。

最近は、Vapormaxを履かずに、FALCONに浮気気味です。
スニーカー通勤におすすめしたいヴェイパーマックスの魅力【正直レビュー】

③デザイン性

BALENCIAGAのTriple S、RAF SIMONSのOZWEEGOを彷彿させるようなシルエットです。

側面にあるメタリックのあしらいも、歩くたびにキラキラ反射するのでワンポイントになっています。

コーデ

クロップドパンツとも相性抜群です。

厚底シューズのように、足元にボリューム感を作れます。

まとめ

以上の機能性とデザイン性で、価格は1万円ぽっきりです。

余談ですが、僕は韓国のレスモア明洞店というスニーカーショップで8200円くらいで購入しました。

ぜひ、みなさんもFALCONで90年代ファッションのリバイバルを楽しんでみてください!

それではおつかれさまでした。

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です